春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨鍼灸院通信NO.85 筋力維持に有酸素運動

筋力維持に有酸素運動

筋肉は心臓の壁を構成する「心筋」、消化管や血管など内臓の壁を構成する「平滑筋」

骨に付いている「骨格筋」の3つに大別されます。

 

一般的に「筋肉」と聞いて想像するのは、骨格筋のことだと思います。

 

その役割は、歩いたり走ったりの動作や姿勢の保持、体温調節、臓器の保護などで

 

私たちは骨格筋の働きで体を動かすことが出来るのです。

 

骨格筋を構成する筋線維には、持久系の筋肉(赤筋)と瞬発系の筋肉(白筋)があります。

 

陸上競技選手に例えると、赤筋は長距離タイプで年をとっても衰えにくく、

 

白筋は短距離タイプで、年齢とともに衰えやすい筋肉です。

 

筋力維持の為には、ウォーキングやジョギング、水泳、速歩きなどの有酸素運動をお勧めします。

 

体を動かすことで、肺や心臓の働きを活発にして新陳代謝を促し、筋力を保つのです。

 

もちろん、栄養の摂取も重要です。骨格筋には良質なたんぱく質が必要とされています。

 

筋力トレーニングや有酸素運動の後はたんぱく質の吸収率が上がり、筋肉が付きやすくなるそうです。

 

運動後はたんぱく質を多く含む牛乳を飲み、食事で肉や魚、野菜や油をバランスよくとることが大切です。

 

継続的な運動に加え、栄養、特に、たんぱく質をとるよう心がけて元気な日々を過ごしましょう。

 

 

ときだ接骨鍼灸院

春日部市豊町5-4-5 048(752)1117