春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨鍼灸院通信NO.100 マスクには触れぬ事!!

マスクには触れぬ事!!

コロナウィルスの対策として手洗い、消毒、マスク等あります。

変異株の影響で感染第4波となっています。

そこでもう一度マスクの扱い方について復習しましょう

 

 

基本的にマスクの表面は不潔領域ということの認識を再確認することです。私が人々のマスクの扱いを見ていて思うのは

あまりにも多くの人がマスクの表面に触れる機会が多いことです。

恐ろしいまでに触れていると感じます。

 

 

もしマスク表面にウィルスが付着していて手を触れたら、当然ですが手指も不潔になります。そして他の場所を触れたら不潔領域は増えます。

 

マスク表面に触れてしまったら必ず消毒です。触れぬ事を徹底することです。マスクの着脱は耳かけゴムに触れるだけです

 

 

あなたのマスクはけば立っていませんか?

けば立っていたら、それだけ多く触れているって事です。

 

当たり前ですがマスクから鼻が露出していればアウト!

 

顔の輪郭にしっかり合うようにワイヤー調節し隙間を作らないこと

くしゃみ、咳をした後も必ず消毒です!

 

 

もしご自身が感染者であれば、口を押えた手指も不潔です。

 

他に触れたらウィルスを散らすことになります

常に徹底した行動で防げることがあります。

 

いままで以上に緊張感を持て行動しましょう。