春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨鍼灸院通信NO.101「カニ歩き」で安全歩行

人間色の歩行は、骨盤を安定させて体を前傾させ、倒れこんだ体を

前に出した片足で支え、後ろの足で地面を蹴り出して進む、という連続動作です。

ところが還暦を過ぎた頃から、畳の縁や何もない所でつまずくことが多くなります。

安定した歩行をする為に、下肢の筋力を鍛えるのは当然必要ですが

骨盤を安定させなければ足を上げる事が難しくなります。

 

骨盤を安定させる簡単な運動に、真横に動く「カニ歩き」運動があります。

カニのように横に歩くことで、お尻の筋肉である中臀筋に作用し歩行時の体を安定させ

ふらつきを防ぎます。やり方を紹介します。 30~50センチの幅で数本の線を引きます。

この線をまたぐように横に歩き10往復します。

体が不安定なときは、壁や机などに手をついて支えながら行いましょう。

 

この時、線の上に段ボールを山折りにするなどした5センチほどの衝立を置きます。

すり足では衝立を越えられません。足を上げることを意識しながら

正確な動作を心がけると効果が得られます。

骨盤の不安定さが初期段階なら、このカニ歩き運動でつまずくことは少なくなるはずです。

その他の運動やストレッチなどと組み合わせるとより効果的です。

無理をせず週に2、3回行うようにしましょう。

 

ときだ接骨鍼灸院