春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨鍼灸院通信NO.59 お灸の効果!!

2月に入ってから寒さが更に厳しくなっていますね!

寒いと体の変調もきたしやすくなります。

そんな時、当院では患者様に「お灸」をおすすめしています。

さて、「お灸」の効果を説明いたしますと・・・

血液には体内の組織・器官にエネルギーを運び、そこから老廃物を運び去るという

大切な働きがありますが、お灸を据えると身体は温まるため、

血流状態が良化してエネルギーと老廃物の循環がスムースになります。

お灸治療により慢性ストレスや疲労を軽減し、

その結果、自律神経を調整し免疫力を高める効果が期待できます。

つまり、お灸は冷えを伴う症状にとくに効果があります。

また、お灸をすえることにより体内の水分調整ができます。

「むくみ」体内に余分な水分がたまり、うっ滞するためにむくんでしまいますが

そんな時にお灸は効果的であります。

「関節痛」関節に水分がたまリ痛みが生じると考えますが、これにもとても効果的であります。

「筋肉痛」これは筋肉に乳酸や発痛物質が滞ってしまうために生じますが、

筋肉内の水分調整がされれば痛みが緩和される効果もあります。

お灸もしっかりと効果を得ることができるんですよ!

ときだ接骨鍼灸院
春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨鍼灸院通信NO.11 お灸がブーム!

いまお灸がフツフツと流行りつつあるようで

 

8chの情報番組で特集が組まれたり、読売新聞でも数回に

 

渡って掲載されています。 雑誌ではお灸女子として

 

紹介されたりで、まさにお灸が熱い!状態です。

 

効能もたくさんあり先日、こちらにも記載した免疫力UPの他にも

 

頚、肩コリや関節痛、神経痛、自律神経調整、逆子、冷え症など!

 

しかもこの独特の香りでリラクゼーション、癒しにもgoodです。

 

当院のお灸もヤケドしない台坐灸で行っていますので

 

いつでも気軽にお申し付け下さい。

 

ときだ接骨鍼灸院

春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨鍼灸院通信NO.7 お灸について

いま話題の 明治ヨーグルトR-1には、1073R-1菌が含まれています。

 

この菌はブルガリア菌の一種で、EPS (多糖体)を多く産生する菌です。

 

多糖体はヨーグルト、バナナ、里芋、長芋、納豆、オクラ、ナメコ、めかぶなどに多く

 

含まれます。免疫機能改善効果、カゼ罹患リスクの低減効果が確認されており

 

感染後の肺中のインフルエンザウイルス量が低下することも効果の一つに挙げられて

 

います。T細胞の増殖やNK細胞の活性化がそのメカニズムだと言われています。

 

NK細胞は、皮膚や粘膜の防御に続く免疫システムである、「自然免疫」の部類に入ります。

 

第一の防御網をくぐり抜けて、体の中へと侵入してきたウイルスに感染した細胞を

 

見つけるやいなや、NK細胞が徹底的にそれを攻撃して破壊します。いわば、

 

最前線の斬りこみ隊長。このように、NK細胞が果敢に戦ってくれるうちは、ささいな感染が

 

大事に至らなくて済むのです。つまり、NK細胞の働きが強くなると、感染症などの疾病を

 

未然に防ぐことができるようになるのです。

 

じつは、当院の治療でも免疫の中で重要な役割を果たしてくれるNK細胞を効率よく増加

 

させる方法があります!それは、鍼やお灸治療です。今回はお灸を例に説明いたします。

 

お灸を続けると・・・ 8週間のお灸をした後、1ヶ月間経過観察をしました。実験結果から

 

お灸を続けると風邪をひく人が少なくなることがわかりました。

 

特に、若い人より30歳以上の人で「お灸をした人」と「しなかった人」の差が

 

大きくなりました。年齢が上がると抵抗力は落ちていきます。

 

お灸は下がった抵抗力を上げてくれる働きをするようですね。

 

また、お灸は2ヶ月以上続けると明らかな効果が現れてくることもわかりました。

 

お灸は続けることが大事なのですね!

ときだ接骨鍼灸院

春日部市豊町5-19-4 048(752)1117