春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

こんな症状でお悩みではないですか?

腰痛

痛みが強く出ている場合は症状が重複することもございます。

椎間板ヘルニア 

  • 前屈みが辛く、前屈しても指先が床に触れない(靴下、ズボンを履くのがつらい)
  • 痛みが強く体が歪み傾いている(疼痛性側彎)
  • 臀部~大腿、足がしびれたり力が入らない
  • 咳やクシャミなどで腹圧が上がると腰が痛む

腰部捻挫(椎間関節捻挫) 

  • 体を後ろへ反らすのが辛い(後屈時痛)
  • 寝起きなど体動時痛がある、座った状態から立つ時に腰が伸びない
  • 回旋動作で痛みを感じる           

坐骨神経痛

  • 臀部や下肢がツッパリ、重だるい
  • 下肢が痺れたり筋肉痛のような攣(つ)りそうな感じがある
  • 長時間座っていると臀部~下肢が重く、辛くなる

腰部脊柱管狭窄症

  • いままでにレントゲン撮影し腰椎すべり症や腰椎分離症があると言われたことがある
  • 一定の距離、時間を歩くと足がしびれたり、重くなり辛い。少し屈んで休むと楽になる
  • 長時間、仰向けやうつぶせになっていると下肢がつらくなる
  • 自転車に乗る、ショッピングカートを押して歩くことは平気である

腰椎圧迫骨折 高齢者、特に骨粗鬆症の方に多い

  • 腰に激痛があり寝起きなどの体動が非常に辛い
  • とくに前屈みが辛い
  • 背骨の辺りをトントンと叩くと強い痛みを感じる
  • 背骨が以前より出っ張った感じがする

五十肩

  • バンザイ動作で指先が天井を向かない
  • 洗髪動作、髪結い動作、エプロン結び動作が辛い
  • 夜間痛がある
  • 衣類の着脱が困難である

頚部痛(首の痛み)

  • 上を向く動作が辛い、回旋動作がしにくい
  • 車の運転等での左右確認がしにくい
  • 首~肩にかけての筋肉がこわばる
  • 寝違えた

打撲、肉離れ、骨折、脱臼

  • 押すと痛い 押さなくてもズキズキ痛む
  • 腫れている
  • 動かすと痛い 思うように動かせない
  • 内出血がある

ひざ痛、関節痛

ひざ痛の原因と症状の特徴についてご覧いただけます。当院では、様々な膝つの痛み、関節痛で困っている方に来院いただいております。

ここの症状にあった治療法で、痛みの改善ができるよう日々取り組んでいいます。

交通事故(むちうち等)

詳しくはコチラをご覧ください。

ときだ接骨鍼灸院の特徴

医学的根拠に基づいた治療を行っています

整形外科医が行うのと同様の徒手検査(どのような動きで痛むかなどを確認、再現)や丁寧な視診、触診、問診を行い原因を追及して、それを取り除くための処置、手技治療を行っています。

年間約800症例の骨折・脱臼の処置に携わってきた診察力と処置

多くの経験に基づいて構築された根拠のある適切な初期処置がケガの予後を左右することもあります。 必ず良化へと導きます!

100%院長が施術いたします

多くの治療院では、人海戦術のマニュアル化が行われています。しかし、患者様の症状はひとり一人違います。そのためマニュアル化では対応出来ないのです。

患者様に一番適した治療を行いますのでご安心下さい

個別の治療プログラム

例えば、腰痛であっても患者様によって原因、症状が異なります。腰痛はこの治療一辺倒!ではなく原因、症状に合わせたアプローチ、治療法を行っています。

かゆいところに手が届く治療

ひたすら患部のみを狙って治療するのではなく、その症状の原因になっている部分や、かばった動作によって生じる痛みに対して姿勢や歩行、体重バランスなどを分析しこれらを改善することが大切であるのです。

丁寧な説明で患部の状態、対処法を把握・理解して頂きます<

レントゲンを撮って「骨に異常はありません」という説明だけで患者様は納得出来るでしょうか?
骨に異常がないのに何故痛いのか?
そのような疑問を解決したいと思います。
また、「ご自身で体操をして下さい」そのような説明で、「では自分でどうやるの?」とお感じの方へ当院では、症状に見合った体操やストレッチの仕方もお教えしています。

高い症状改善率

痛みの原因を追及し、症状に合った個別の治療プログラムによって患者様の症状を大幅に改善しております。

痛みの場所によっても異なりますが、全体の症状改善率は90%を超えております。

多くの知識を惜しまず提供致します

患者様の症状に見合ったパンフレット、資料の提供や当院で毎月1回発行する「ときだ接骨鍼灸院通信」で様々な健康に関する知識を得ることが出来て患者様には大変好評頂いております。

医療提携により症状に見合った病院を紹介いたします

例え、当院を受診されてもレントゲンなどを撮影しなければ心配な方や、MRIなどの検査を当院からオススメする場合がございます。

医師との密接な連携が患者様の症状を把握、軽減することに繋がるのです。
すべては患者様のために!