春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

しつこくウィルス対策!!

当院でのコロナ対策はいくつも行っております。

一番の基本である院内での人々が触れる場所は入念に消毒しております。

午前中、午後の終了後、そして間が空いた時に徹底しております。

 

お知らせ

当院でのウィルス対策のひとつNO3密。

 

密閉、密接、密集は起こらぬように細心の注意を払っております!

 

来院時は、据え置きの手指消毒スプレーを1プッシュお願いいたします。

 

マスクをしたくてもお持ちでない方はお申し出ください。

 

施術後の枕、胸当ては毎回消毒しております!

 

午前、午後、終了後には毎回、ドアノぶやイス、手すりを

 

消毒しており安心して受診できる体制をとっております。

 

ときだ接骨鍼灸院

 

 

診療案内

3/21(金・祝) 午前中施術いたします。

8:00~12:00受付

ご予約は既に埋まっておりますが

ご予約なしでも受診可能です。よろしくお願いいたします。

ときだ接骨鍼灸院

患者様へのご案内

新型コロナウィルスに関しての対応

ウィルス対策万全!!

当院では、施術ごとに枕、胸当てなどを酒精綿(アルコール綿)で消毒しております。

 

待合室にも手指消毒薬を完備しております。

 

これは最近のウィルス対策も当然ですが開院当初から行っていることです。

 

安心して受診できますよ!

東洋医学のホントのチカラ

今日(2/5)NHKで夜7:30から東洋医学のホントのチカラという番組が放送されます。

前回放送されたときに患者様からの反響が大きかったです。

ご興味あれば視聴してみて下さい。

ときだ接骨鍼灸院通信NO.93 筋肉が大事です!

私たちが、歩く・走る・食事をする・笑うといったあらゆる行動が出来るのは

 

「筋肉」のおかげです。筋肉は、脳からの指令を受けて、全身のさまざまな動きを行っています。

 

この筋肉の軸となり体を支える「骨」も、私たちの行動には欠かせないものです。

 

筋肉や骨は一般に、20~30歳代をピークに徐々に衰えていきます。

 

特に、65歳を過ぎた頃からは、退職などにより生活スタイルが変わりやすく

 

運動量や食事量は大きく減り、筋肉・骨の衰えが加速します。

 

「人生百年時代」といわれる現代、シニア世代の方が、いつまでも自分行動し

 

好きなものを食べて元気な生活を続けていくためには、「体作り」が必須です。

 

筋肉と骨をしっかり鍛え、加齢に負けない体を保ち続けていくために、今こそトレーニングに取り組みましょう。

 

ときだ接骨鍼灸院

春日部市豊町5-4-5 048(752)1117

 

 

年末年始ご案内

年内 12/28(土)まで通常時間 土曜日は14:00まで

12/29(日)~1/3(金) 休診

1/4(土) 通常時間 8:00~14:00

以降 通常どうりです

お間違いないようにご来院ください

 

ときだ接骨鍼灸院

春日部市豊町5-4-5 048(752)1117

ときだ接骨鍼灸院通信NO.92 転ばぬ先のつえ

「転ばぬ先のつえ」とは、安全だと思っても、万が一のことを考えて

 

用心するに越したことはない、という考えです。健康面で考えれば

 

普段から規則正しい生活を送ることだと思います。

 

さらに高齢になると、転倒することが多くなります。単なるけがにとどまらず

 

後遺症が出たり、寝たきりになったりする可能性が高くなります。

 

転倒を防ぐには、文字通りつえを使うのも一つの対策です。

 

ただ、つえを嫌がる人もいます。その場合は代わりに、筋力、バランス能力、柔軟性などの

 

向上に努めることが大事になります。筋力の向上にはウォーキングをお薦めします。

 

散歩や買い物でなるべく階段を利用し、一つ手前の駅で降車して歩いてみるなど

 

ひと工夫しましょう。バランス訓練では、歯磨きの間は片足立ちをして

 

1分以上立てるようにするのが効果的です。柔軟性の向上には、

 

テレビのコマーシャルの間、ストレッチをするのもよいでしょう。

 

これらの運動を行う習慣をつけましょう。ただ、無理な運動は故障の原因になります。

 

関節や筋肉に痛みがある場合には、専門科に相談してください。

 

高齢者の方々が、なるべくつえを使わないで

 

健康的な生活を送ることが出来るように願っています。

 

ときだ接骨鍼灸院

春日部市豊町5-4-5 048(752)1117