春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

腰痛や坐骨神経痛でお悩みの方へ

腰痛は日本人の有訴率第一位(もっとも多い症状)であり、日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験しています。

「超高齢化社会」が到来し、骨・関節・軟部組織の加齢変性などにより腰痛もさらに高頻度となっていくでしょう。

そこで伝統医学を含めた各分野からの腰痛に対する集学的アプローチが必要になっております。

腰痛は当院の得意とする治療の1つであります。

文字からも分かるように腰は躰(からだ)の要であり、痛みがでると日常生活動作に支障をきたすようになることもあります。

この腰痛が軽度の場合でもそのままにしておくと悪くなることはあっても良くなることはなかなかありません。

もし腰の調子がおかしいと思ったら早めの治療をお勧めいたします。

臀部(おしり)、大腿部(もも)、下腿部(ふくらはぎ)の痛みや鈍痛、重ルさ、しびれなどを感じる方は坐骨神経痛の可能性があります。

悪化すると力が入りにくい、つまずきやすい歩きにくい、足の感覚が鈍い、灼熱感などの症状が現れてきますので我慢しないで早めの受診が必要です。

原因は椎間板、椎間関節、筋肉、脊柱管、変形、骨粗鬆症など様々でそれを特定しターゲットを絞り、直接及び遠隔的にもアプローチしていきます。

当院での腰痛、体へのケアによって疼痛は格段に改善することが可能であります。

実は私自身中学生時代からの腰痛持ちであり、30歳代では腰痛も悪化、歩行困難になる程の坐骨神経痛を経験しました。

そして 実体験に基づいた根拠や、医学知識、治療経験により原因別の対処法やアプローチを見出すことができ多くの腰痛患者様の痛み、しびれなどの悩みを取りのぞきます。

施術手順

さまざまな腰痛の原因や症状の特徴、痛みの原因についてご覧いただけます。当院では、痛みの原因を診断し、最適な治療方針を考え、症状の改善をしていきます。

予診 

受付で予診票に記入して頂きます。いつから痛むか、何をして痛くなったかなどの
設問にお答えして頂きます。

問診、視診 

先生が患者様をお呼びしてその時点からの姿勢、歩行、などを観察し、どのようにすると痛みが増すか、痛む時間や姿勢などお話を伺っていきます。

説明 

現在の腰痛の原因となっているものを骨模型や解説図を用いて説明・理解して頂き治療方針を決定していきます。

施術 

原因、症状、ご希望に合わせた最善の施術法を選択していきます。(低周波、干渉波、はり、灸など→手技治療→患部、症状に応じた固定・包帯など)

管理指導

腰痛に対してどのような生活動作をしていったらよいか姿勢や寝かたアイシング、禁酒など腰痛体操コルセット装着が正しく行えているかなどをアドバイスさせて頂きます。

終了

来院前より痛みや動きが改善され帰宅ご自宅では動きなどに注意して生活して下さい。 急性期には炎症、痛みが強いので早く痛みを軽減させる大切な時期です。

マメに通院することをお勧めいたします。

私は、これまで多くの患者様を診て施術を行ってきました。経験を重ねるにしたがって、繰り返し腰の痛みを生じる患者様の大半は、患者様自身が自己管理を正しく行えば腰痛は克服できると思うようになりました。

さらに、患者様自身が努力しないと、いくら施術者が努力しても克服できないと思うようにもなりました。

当院では腰への施術だけではなく、正しい知識や対処法について管理指導を行っています。他の部位のお怪我の場合でも同様に行っております。

正しい知識や対処法を患者様が理解、実行していくことで何度も腰の痛みが出るその体を改善していきましょう。

ワンポイントアドバイス

腰痛が出ている時や腰痛にならないために私が日頃行っている姿勢の工夫を紹介いたしますので参考にしてみて下さい。

あご引き

デスクワークなど長時間座る時に意識してみて下さい。

出っ尻

洗顔などでかがむ動作をするときに意識的に行うと腰痛を防ぐことができます。

椎間板ヘルニアでお困りの方へ

椎間板ヘルニアと診断されて大病にかかってしまったと思っていませんか?

飛び出した髄核(ヘルニア)はずっとそのままか? 
いやそうではありません!

時間の経過と共に自然に退縮していきます。整形外科医のなかでは「椎間板ヘルニアは95%手術なしで治る」と仰る先生も!

近年では手術しないで加療していく場合が増えています。

手術が検討される場合

腰痛+神経障害(自分の意思に反して尿が出る 尿が出にくい 
脚に麻痺や痛みがある 脚の感覚が鈍くなったり筋力が低下する)

ときだ接骨鍼灸院の特徴

医学的根拠に基づいた治療を行っています

整形外科医が行うのと同様の徒手検査(どのような動きで痛むかなどを確認、再現)や丁寧な視診、触診、問診を行い原因を追及して、それを取り除くための処置、手技治療を行っています。

年間約800症例の骨折・脱臼の処置に携わってきた診察力と処置

多くの経験に基づいて構築された根拠のある適切な初期処置がケガの予後を左右することもあります。 必ず良化へと導きます!

100%院長が施術いたします

多くの治療院では、人海戦術のマニュアル化が行われています。しかし、患者様の症状はひとり一人違います。そのためマニュアル化では対応出来ないのです。

患者様に一番適した治療を行いますのでご安心下さい

個別の治療プログラム

例えば、腰痛であっても患者様によって原因、症状が異なります。腰痛はこの治療一辺倒!ではなく原因、症状に合わせたアプローチ、治療法を行っています。

かゆいところに手が届く治療

ひたすら患部のみを狙って治療するのではなく、その症状の原因になっている部分や、かばった動作によって生じる痛みに対して姿勢や歩行、体重バランスなどを分析しこれらを改善することが大切であるのです。

丁寧な説明で患部の状態、対処法を把握・理解して頂きます<

レントゲンを撮って「骨に異常はありません」という説明だけで患者様は納得出来るでしょうか?
骨に異常がないのに何故痛いのか?
そのような疑問を解決したいと思います。
また、「ご自身で体操をして下さい」そのような説明で、「では自分でどうやるの?」とお感じの方へ当院では、症状に見合った体操やストレッチの仕方もお教えしています。

高い症状改善率

痛みの原因を追及し、症状に合った個別の治療プログラムによって患者様の症状を大幅に改善しております。

痛みの場所によっても異なりますが、全体の症状改善率は90%を超えております。

多くの知識を惜しまず提供致します

患者様の症状に見合ったパンフレット、資料の提供や当院で毎月1回発行する「ときだ接骨鍼灸院通信」で様々な健康に関する知識を得ることが出来て患者様には大変好評頂いております。

医療提携により症状に見合った病院を紹介いたします

例え、当院を受診されてもレントゲンなどを撮影しなければ心配な方や、MRIなどの検査を当院からオススメする場合がございます。

医師との密接な連携が患者様の症状を把握、軽減することに繋がるのです。
すべては患者様のために!