春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨院鍼灸通信NO.109 首や肩が凝ったら・・・春日部 ときだ接骨院鍼灸院

首や肩が凝ったったら

首が張る、肩が凝るといった症状に悩まされている人は少なくないと思います。

現代人は、仕事や日常生活の中で顔を下向きにする事が多く

首や肩、背中の周りに負担をかけがちで、こうした症状が起きます。

 

 

症状緩和のため、体操、温泉、湿布、マッサージを受けたり

医療機関に通ったりしている人も多いのではないでしょうか。

こうした方に首や肩の周囲の筋肉や靭帯などの緊張が原因である場合の

簡単な対処法を紹介します。

 

まず、無理なく動く範囲で顔を上向きにし、頭の高さを維持しながら

ゆっくりと顎を引いてください。首から背中の上にかけて伸びていることが

感じられると思います。これで筋肉や靭帯の緊張を深いところから

緩ませることができます。 この状態から首をゆっくりと左右に倒したり

回したりといった応用を入れてみると更に効果があります。

 

また、柔軟体操やストレッチなどの際にもなるべく体の力を抜き

息を吐きながら少しずつ伸ばしてみて下さい。体の奥の緊張が緩みやすくなります。

 

この方法を取り入れ、少しでも皆さんの症状が楽になることにつながれば幸いです。

症状が緩和されない方は医療機関を受診されることをお勧めします。

 

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-4-5

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

足関節捻挫の固定について動画UP 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

足関節捻挫の固定について動画UPしました。

ご興味、お時間ございましたらご視聴よろしくお願いいたします。

動画概要

第5中足骨基部での骨折が疑われるために

それを想定した固定を作成する動画です。

患部にフィットし、ある程度固定力のある材質

ギプス固定程強固ではないがズレのない骨折なら

この固定で十分と考えられます。

注意点は土踏まずのアーチをしっかり作ったり、指の後を残してはいけない。

この固定をして整形外科でレントゲンを撮って頂きます 果たしてその結果は・・・

 

症例は違います。

足関節捻挫の固定 1例

 

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

年末年始のご案内 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

年末年始ご案内

12/30(木)午前中診療 12時まで受付

12/31(金)~1/3(月)休診

1/4(火)通常診療開始

お間違いないようにお願いいたします

ときだ接骨院鍼灸院HP
https://tokidasekkotuin.com/
ときだ接骨院鍼灸院Twitter
https://twitter.com/tokidasekkotu
ときだ接骨院鍼灸院you tube
https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

 

診療案内 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

11/3(水・祝) 休診

お間違いないようにお願い致します

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-4-5

 

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.106 体力付ける「四肢体操」

健康のためにウォーキングを始めたのに、足腰を痛めて来院される方がいます。

原因はオーバートレーニング、つまり歩き過ぎです。

体力に見合わない運動負荷をかけないように、自分の適切な運動量を導き出せるのが

「片脚での立ち上がり検査」です。

家庭にもある高さ40センチのいすに座り、片脚だけで立ち上がることができれば

1日4500歩、45分ほどのウォーキング運動を行える体力があるといえます。

 

立ち上がれなければ、4500歩も歩こうとすると身体に無理がかかり

あちこちに痛みを引き起こす可能性があります。

このような場合、背骨と骨盤の柔軟性を高める四肢体操が有効です。

両脚を肩幅よりやや大きく開いて立ち、腰を落としながら両手を両膝にあてて胸を張ります。

 

力士が四股を踏む要領です。お尻を少し後ろに突き出すようにしながら

さらに腰を落としていくと、股関節に突っ張りを感じます。

このとき、5秒程度かけてゆっくり息を吐きながら腰を落とし

また5秒かけて息を吸いながら腰を戻しましょう。

これを10回程度繰り返します。正しく行うと

 

股関節の突っ張りが消えていく感覚が分かるでしょう。

 

難しい場合はいすに座って行いましょう。

 

柔軟体操を習慣化することで全身の筋力を上げ、結果的に体力アップを図れます。

 

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-4-5

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

足関節捻挫後のリハビリ動画 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

足関節捻挫のリハビリについて

動画をUPしました↓

捻挫して必要に応じて固定します。

固定除去後は放置!ではなく

しっかりと可動域訓練や筋力トレーニングが必須です。

捻挫や骨折した場合には固定が必要になります。

そのケガに応じた固定期間が必要になってきますが

固定を外したら、いきなりその患部を動かせる訳ではありません。

患部は拘縮したり筋力低下しています。

とは言え、いきなりバンバン動かすのも良くないです。

まずは他動的運動・・・術者がゆっくり愛護的に動かしていくリハビリ

その後は、患者様が少し、術者が主体で動かしていく

自動介助運動で可動域改善をはかっていきます。

りはびり中には多くの痛みを感じることのないように。

そして患者様自身が動かす自動運動となっていきます。

 

慎重にリハビリ時期を見極めて行っていくことが大切です。

 

リハビリの模様を撮影しました。

お時間があるときにご視聴頂ければ幸いです。

↑こちはら別の症例です。

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-4-5
時田博文

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

診療案内 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

10/6(水) 午前中休診

午後は通常施術 15:00~19:30まで

お間違いないようにお願い致します

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-4-5

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

診療案内 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

9/20  月曜、祝日  午前中施術いたします。

 

お間違いないようにご来院くださいませ。

 

 

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

足関節捻挫 LIVE 固定作成 春日部 ときだ接骨院鍼灸院

新たな動画をUPしました。

足関節捻挫の固定を作成しております。

 

捻挫は軽度、中等度、重症と分類されますが

中等以上の痛め方をした時には固定が必須となります。

軽度の捻挫ならば腫脹や自発痛、歩行痛が2-3日のうちに減りますが

中等度以上の捻挫になりますと、腫れや内出血が比較的多く

歩行も辛いです。 いずれにしてもキッチリとアイシングすることが大切です。

 

中等度以上の場合 固定は2-3週間 その後、包帯や

足関節捻挫サポーターをして2-3週程しつつリハビリが必要になります。

早く固定を外してくれるのがいい先生とは限りません。

しっかりと状況を判断して時期に応じた対応をするのが

良き先生だと考えます。

 

その状況を動画撮影しました。

ご興味ありましたらご視聴お願いいたします。

 

↑こちらは別の症例です。 固定の外観はこういった感じです。

 

ときだ接骨院鍼灸院
春日部市豊町5-4-5

時田博文

 

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院、スタッフ全員ワクチン2回接種完了です!

先日2回目のワクチン接種完了してきました。

幸い副反応は少なく済みました。

 

当院スタッフは全員ワクチン接種2回終了しましたので

安心度が増した状態で受診が出来ると思います。

もちろん今まで通りの感染対策は継続必要ですね!

施術者の私はマスク2枚使用です。

 

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-4-5

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw