春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.110 足元からの健康法

長年にわたる首や肩、膝や腰などの痛みがあると

 

その原因として加齢や肥満を指摘されることがあります。

 

しかし、若者や痩せていても同じような痛みに悩まされている人がいます。

 

 

そんな痛みのある人の足を見ると、浮き指状態や外反母趾で足元が

 

不安定になっていることが多くあります。

 

浮き指とは、歩行時に足の5本の指がしっかり地面に着いておらず

 

浮いている状態を言います。

 

 

体を支える足の指がしっかり地面を踏みしめていないと

 

足元が不安定になり、関節や筋肉に過剰な負担がかかり

 

血液循環が悪くなります。その結果、首や肩、膝や腰の痛みなどが出てくるのです。

 

 

改善方法は、足の指に体重がかかるように足の裏全体で歩くようにします。

 

また、手を使って足の指を足底側に曲げたり

 

開いたりして動かす体操をしましょう。

 

つま先立ちや、指先から着くような足踏みをすることでも足元が安定し

 

血流が良くなるとされています。足元が安定すると転倒防止やけがの予防に

 

つながります。 もう一つ、血液循環を良くするために

 

欠かせない大切なことがあります。

 

それは心穏やかに笑顔で暮らし、人に喜んで貰えるようにすることです。

 

そうすると血液の流れが良くなるといわれていますよ。

 

春日部市豊町5-4-5

ときだ接骨院鍼灸院

 

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw