春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.2 貼付剤について

よく患者さんに貼付剤について聞かれます。

冷たい貼付剤と温かい貼付剤どちらがいいですか?っと。

 

 

基本的に貼付剤自体に温めるとか冷やす効果はあまり期待できまん。

表示部分を見て頂くと分かりますが、

温感とか冷感とか書いてあると思います。

つまり温かく感じたり、冷たく感じたりするものであって

患部の温度はあまり変化ないものと考えて頂いたほうがいいです。

 

 

しかし、その成分は経皮的(皮膚を通して)

に浸透していきますので貼付剤としての効果はもちろん期待出ます。

どちらを選択するかは、捻挫や打撲などの場合には冷感貼付剤。

漠然とした慢性的な痛みの場合は、温感貼付剤と

考えて頂くといいと思います。

 

 

人によって感じ方も違いますので貼付してみて

感じの良い方を選択しても構いません。

注意しなければならないのは、温感貼付剤には

トウガラシエキス系のものが入っていますので

皮膚への刺激が強く感じることもあります。

 

 

急性の外傷に対しては、貼付剤よりもアイシング

(氷のうなどで冷やす)の方が効果的であります。

詳しくはこちら→診察・治療の流れ | 春日部 ときだ接骨院 鍼灸院 (tokidasekkotuin.com)

 

 

ときだ接骨院院鍼灸院
春日部市豊町5-4-5

ときだ接骨院院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter


https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw