春日部の接骨院です 腰痛、坐骨神経痛、骨折、むち打ちなどの治療を得意としています

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.23 肺炎に注意!

肺炎とかぜの違い

 

肺炎の症状は、かぜと似ているために発見が遅れがちです。

 

典型的な症状は「発熱」「せき」「たん」なので“実は肺炎だった”という場合が

 

しばしば見られます。しかし、肺炎の場合は「38℃以上の高熱」「強いせき」

 

「黄色や緑色のたん」など、かぜよりも重い症状が出ます。

 

また、かぜなら通常3~4日で症状が軽減しますが、肺炎の場合は長引くという

 

特徴があります。さらに「息苦しさ」「胸の痛み」を感じることもある。

 

感染しやすく重症化しやすい人  重症化しやすいのは、体力や免疫の働きが

 

低下している「高齢者」、ぜんそく・心臓病・ 糖尿病などの「慢性的な病気がある人」

 

ステロイド薬や免疫抑制薬などの薬を服用している人です。

 

とくに高齢者は、肺炎を起こしても、高熱やせき・たんなどの典型的な症状が

 

表れにくくなり、「息苦しい」「胸が痛い」「意識がもうろうとする」などの症状が

 

みられることがあります。かぜの症状が長く続いたり、かぜやインフルエンザに

 

かかった後に「呼吸が速い」「ぐったりしている」「食欲がない」などの症状が

 

起こった場合には、肺炎を疑って受診することが大切です。

 

予防対策  かぜなどの感染症予防に努め、感染してもこじらせないようにします。

 

人込みを避ける、手洗いやうがいをする、ウイルス繁殖を防ぐために室内の

 

保温・保湿・換気を心がける、などが予防のポイントとなります。

 

また、感染症予防には「体力を維持する」ことが大切です。十分な睡眠と栄養をとり

 

過労や不規則な生活を避けるよう注意します。そのほか、インフルエンザや肺炎球菌の

 

「ワクチン接種」「持病の治療」などに気をつけることが、肺炎の予防につながります。

 

ワクチン接種  肺炎の原因となる病原体の中で最も多いのが「肺炎球菌」です。

 

肺炎球菌ワクチンは、発症を完全に防ぐものではありませんが、重症化を防いだり

 

死亡率を低下させることがわかっています。65歳以上の人と、肺・心臓に持病がある人や

 

糖尿病の人などに、接種が勧められます。1回の接種で約5年間有効とされ

 

再接種も認められるようになりました。

 

最近では、CMでも放送されていますね! 何か起こる前にまず、予防出来るものは

 

対策しておく事が大切ではないかと思います。

 

ときだ接骨院鍼灸院
春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.17 夏バテ解消法

暑さもようやく峠を越す9月になりますが、このころになって体に不調を感じる方は少なくありません。『夏バテ』・・

 

 

よく聞く言葉ですね。人は体温を一定に保つため、暑さに対して必要以上のエネルギーを消費しかなりの負担に耐えています。が、ふとしたきっかけで自律神経に狂いが生じてくると

 

 

水分の循環が滞り、体内の熱が下がらずだるくなったり胃腸の働きが弱まり食欲低下・・無理が限界を超え、体に次々と変調をきたします。

 

 

『夏バテ』を起こす最大の原因は、屋内外の温度差に体がついていけず、

自律神経の働きが鈍化することです。

 

 

体は5度以上の温度差に対してストレスを受けます。

その結果、頭痛・脱力・動機・頻脈になったり、体のバランスが乱れ、

 

 

倦怠感・腰痛・肩こり・手足の冷えしびれなどの症状が出てきます。
体温を一定範囲に維持するには、発汗と水分補給のバランスが大切です。

 

夏場は軽作業でも、1日の2~3リットルの発汗。
尿量は1日平均1.5リットルもあります。汗をかいたり、水を飲んだり‥と、

 

この水分のバランスが崩れることはよくありません。

 

血液にも悪影響を与え、むくみ・鼻水・頭痛などが出たり、

 

ひどい時には嘔吐・下痢などの胃腸症状が現れます。
汗をかいて「喉が渇いた」と感じた時には、水分と共に塩分も不足しています。

 

夏場は汗をかくだけで、多くのエネルギーを消耗していますので塩分を

 

含むスポーツ飲料がオススメです。疲れた体を回復させるため、

 

食事は良質のタンパク質を十分に摂りましょう。

 

ポイントは、脂肪やたんぱく質の代謝に働くビタミンB群をしっかり摂ること!

 

動物性たんぱく質も(鶏肉や牛や豚)脂の少なめな部分を。

 

またサバ・イワシなどの魚・ウナギ・大豆食品などもお奨めです。

 

ウナギや焼肉等をパクパク食べられるのは、バテていない証拠です。

虚弱な人は胃腸が受け付けません。食べられないという方は、
少量ずつ1日4食にしたり、固形物が食べられない場合はカロリーのある

 

スポーツ飲料で最低限の水分とカロリー摂取を心がけましょう。

 

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.16 当院で施術を受けると・・・

最近、患者様の知識水準が向上してきたと感じることが多々あります。

私が春日部に開院した約6年前は、患者様の自分の痛みに対しての知識の低さを感じました。

 

 

そこで、今までの職場と同じように細かい説明で理解をして頂き、根拠のある治療を行い、あらゆる 対処法、ストレッチ、体操などを徹底してきました。

 

 

ようやくその成果を感じられるようになってきました。通院された方々は、自分の体の痛みを理解し治療を受け入れ、怪我をしない体作りをしています。

 

そして、変わらず高質なモノを提供していきます。

 

今後とも宜しくお願いいたします!

 

ときだ接骨院鍼灸院
春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

 

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.14 脳梗塞、心筋梗塞に効果的な水分摂取

脳梗塞・心筋梗塞に効果的な水分摂取のコツ 40代、50代でも若く元気な人と

年中体の不調を訴えている人では、どこが違うのか。それはひとえに

 

 

体内の水分量の違いなのであります。摂取する水の量が少ないと、新陳代謝の

悪化を招き、体内に老廃物を溜める結果を招く。慢性的に水分不足の状態に

 

なっていると、まず「血液ドロドロ症状」が起こり、脳梗塞や心筋梗塞の危険度が

一気に増加する。心筋梗塞や脳梗塞を起こす原因には、血液のドロドロと共に

 

血管の劣化も大きく関わっているが、体内の水分が少ないとコレステロールや

中性脂肪の値が大きくなり、血管を詰まらせたり、硬くなります。つまり水分が少ないと血液と血管の状態が低下し、それによって心筋梗塞や脳梗塞が起きやすくなる。

 

 

血圧が高いあるいはコレステロール値や中性脂肪の値が高いという心筋梗塞や

脳梗塞の予備軍は、なおさら水分摂取が重要になってきます。さらに予防効果を

もたらすためには、カルシウムとマグネシウムが入っているミネラルウォーターを

 

 

飲むことが理想です。就寝前の一杯は「宝水」ふだんから血液をサラサラに

しておくには「こまめ」に水を飲むことが必要です。飲み方の目安としては、

 

起床時にまず1杯、午前中に1杯、午後に2杯、寝る前に1杯となる。

特に忘れてはならないのは、就寝前の1杯であります。これを「宝水」というが、

 

宝と呼ぶ理由は脳梗塞の発症が就寝中や午前中に多いからです。

 

粘度は午前4時から8時位までの間が最も高い。眠りに入る前の水は脳に集まっていた血液を胃腸に導き、緊張感をほぐすことで眠りやすくなる効果もあるんです

 

したがって、体を覚醒させないようにややぬるめの水を飲むことが大切です。

皆様も実際にお試しになって血流を良くして新陳代謝を活発にしていきましょう!

 

ときだ接骨院院鍼灸院

春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.9 風邪について・・・東洋医学

よく「風邪をひく」という言い方をしますが 正式名称は「風邪症候群」

鼻やのどなどに急性の炎症症状を 起こす疾患をまとめてこう呼びます。

かかってしまったときは、ツボ療法も効果的です。

 

症状別に、よく効くツボを覚えておき、悪化させないうちに 早めに対処しましょう。

とっておきのツボ:首の後ろ、第2頚椎棘突起 (けいついきょくとっき)の下にあるツボと第3頚椎~第1胸椎の 棘突起間のツボが、風邪の特効ツボです。

 

私たちは前者を「霊大椎(れいだいつい)」、後者の5つの ツボを

「刺熱穴(しねつけつ)」と呼んでいます。 これらのツボを、上から順に指先で

押しながら横にしごいていくと 痛くて気持ちのいいツボ(反応点)と

 

そうでもないツボが あります。この反応点にお灸(きゅう)をすえると

ひき始めやよくなり始めの風邪に驚くほど効果がありますので、 ぜひ当院でお試しください。

 

ここでは難しい診断は抜きにして、風邪に使える効果的な ツボを紹介します。

 

お灸は、モグサが肌に直接触れない台座の ついたお灸を用いるとよいでしょう。

昔から風邪の治療法として 「腰湯」や「足湯」が知られています。

 

熱めの湯の中に 脛(すね)から下を入れて10~20分間温めると、 全身が

ポカポカ温かくなり、汗が出てきます。 発汗によって、熱を下げるのです。

この他、湯をはった洗面器に 肘(ひじ)をつける方法もあります。この「肘湯」によって

 

のどの痛みが即座に取れることも珍しくありません。 これは、肘の付近に風邪に

効果のあるツボが集中しているからです。

様々なツボ、対処法を試して自分に合ったものを見つけてください!

詳しくはこちら→はり・きゅう・マッサージ | 春日部 ときだ接骨院 鍼灸院 (tokidasekkotuin.com)

 

ときだ接骨院鍼灸院

春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw

ときだ接骨院鍼灸院通信NO.6 介護予防体操

骨、関節、筋肉などの障害のために、要介護になる 危険が高かったり

 

要介護になっていたりする状態が ロコモティブシンドローム、略してロコモ!

転倒・骨折などを起こしやすく、寝たきりになってしまうこともある怖い状態です。

 

ロコモの原因としてバランス能力の低下、筋力の低下 関節の変形などようなものが考えられます。

また、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症は 治療が必要な病気です。

ロコモの予防・改善に効果のあるトレーニングを紹介します。

 

 

○ダイナミックフラミンゴ療法

片脚立ちを左右の足それぞれ1分ずつ行います。 できれば1日3セット行うと効果的です。

・転倒の危険性があるため、キャスターの付いていない椅子や机など、

バランスを崩した時につかまれるものがある所で行って下さい。

・上げる方の足側に椅子や机などを置きます。

・足は3~5センチ上がっていればよいです。

体が傾かないようにしましょう。

 

 

○便座スクワット 深く座って、ももに手をあてて、立ち上がろうとして下さい。

立ち上がらなくてOK。  これでも足の筋肉を強化する効果があります。

これができる方は立ち上がってみて下さい!

 

 

つかまりながらで結構ですので、立ち・座りを繰り返して下さい。
それができれば便座スクワットに挑戦!

・便座に座るつもりで深く腰掛け、立ちあがります。

・つま先をハの字に広げます。ひざは脚の人さし指の方向に 曲げて下さい。

・5~6秒でしゃがみ、5~6秒で立ち上がる。

・腰を浮かせるのがきつければ、座ってしまっても結構です。

・続けてできるという人は、5~6回を1日3回ほどやると効果的です。

上記のような運動療法も当院の治療でも取り入れております。

 

 

ときだ接骨院鍼灸院
春日部市豊町5-19-4 048(752)1117

ときだ接骨院鍼灸院HP

https://tokidasekkotuin.com/

 

ときだ接骨院鍼灸院Twitter

https://twitter.com/tokidasekkotu

 

 

ときだ接骨院鍼灸院you tube

https://www.youtube.com/channel/UC-BMSGIiJPjEpInrSOfkhMw